ブラッシングの効果を発揮する

ブラッシングは一日1回でも効果があるのか

>

食べた後に磨くのがベスト

工夫して歯を磨く

朝食や夕食は自宅にいるので、食べ終わった後にすぐ歯を磨けると思います。
しかし昼食は外出していることが多く、これまで歯を磨く習慣がなかったかもしれません。
そのような時でも、歯磨きセットがあればお手洗いに行き、歯を磨くことができます。
そこまで念入りに磨かなくても良いので、軽く汚れを落とす意識を持ってください。

コンパクトな歯磨きセットなら、カバンの中に入れておけます。
どこで昼食を食べても良いように、いつも持ち歩きましょう。
どうしても時間がなければ、昼食後に水やお茶で口をゆすぐだけで構いません。
特にお茶には口内を殺菌する力があり、歯を磨けない時に重宝します。
コンビニや自動販売機で、気軽に購入できる面がメリットですね。

間食をする際の注意点

忘れていけないのは、間食の後も歯磨きが必要ということです。
休憩する時や気分転換に、クッキーやチョコなどの甘いお菓子を食べる人が見られます。
しかしそれらにはたくさんの糖が含まれており、糖は虫歯菌の大好物です。
ですから口内に糖が溜まっている状態をずっと放置すると、虫歯菌が延々と増えてしまいます。

口内環境を整えるために、間食後も歯を磨きましょう。
また歯を磨いた後に、糖が含まれるジュースを飲むと意味がありません。
ですから水分補給は糖が含まれていない水やコーヒー、お茶を選択してください。
そして間食の回数が多いと歯磨きの回数も増えるので、負担に感じてしまいます。
負担を減らすために、間食は1日1回に留めましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る